Original Project

Client Works

Paralympic Support CenterParalympic Support Center

Outline

東京2020パラリンピックに向けて発足した、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)。
その競技団体との共同オフィスの設計およびデザインを担当しました。
「 i enjoy ! 」(楽しむ人は、強い)というキーメッセージを掲げ、オリジナルのハート(こころ)をモチーフとしたロゴ、キーメッセージとともに、外壁の1F・2Fには77枚からなる、パラアスリートの競技写真を使った大胆なポスターを設置。道行く人々へ、パラスポーツへの理解・興味喚起を促進しています。

他にも、ウェブサイトでのパラスポーツの情報発信、パラ駅伝、体験型授業「あすチャレ!School」 など、さまざまなプロモーションに携わっています。すべてのクリエイティブは「 i enjoy ! 」のもと、一貫してデザインを行いました。

Client
  • 日本財団パラリンピックサポートセンター
Agency
  • 1→10HOLDINGS
Production
  • 1→10design
Role
  • Office design
  • Web Site

Proposal

東京2020パラリンピックに向かって、そしてその先のインクルーシブな社会創生のため、選手、競技団体、パラサポが一体となり、情報発信基地となるオフィス作りを目指しました。

パラスポーツの魅力、世界で活躍するアスリートをアピールするための場所として提案。
「スタジアム」を思わせるグラデーショナルな床材の切り替えによるエントランスは、スポーツの祭典の高揚感を感じさせます。エントランスから見える360度ディスプレイに向かって奥へ進むと、このディスプレイを中心にハの字型に28競技団体の執務スペースが広がるシンプルで力強い構成としました。360度ディスプレイの周囲は、同心円状のカウンターとなっており、打ち合わせや憩いの場となります。執務スペースはゲート的な構造体によってオープンスペースに対して緩やかに仕切られ、それぞれの窓口としても機能します。団体間の仕切りが一切ないオフィス空間は、これまで別々に活動していた団体に結束感を与えます。「 i enjoy ! 」のメイングラフィックを背景にしたステージは、表彰台をイメージしたもので、記者会見や選手のインタビュー、イベントの場として活用されてます。

ハの字型に展開するオフィスの中心で、360度ディスプレイがこの場で働く人や訪れた人を引き付けるような強い求心力を持たせました。競技団体やアスリートはもとより、いつでも様々な人が集えるオフィス空間を目指し、すべてのクリエイティブも「 i enjoy ! 」の傘の元、デザインから制作を一貫して行っています。

Credits

  • Executive Creative Director
    澤邊 芳明
  • Creative Director
    木田 広大
  • Producer
    住本 宜子
  • Art Director
    引地 耕太
  • Art Director
    中野 広土
  • Project Manager
    坂尾 加世子
  • Copywriter
    水谷 日出明
  • Movie
    御幡 駿
  • Designer
    吉岡 謙
  • Designer
    西村 彩花
  • Enginner
    赤川 純一
  • Backend Engineer
    小谷 俊介
  • Frontend Engineer
    高取 亨
  • Frontend Engineer
    松田 翔伍
  • Frontend Engineer
    中原 洋子
  • Frontend Engineer
    大柴 直人
  • Other Staff
    Office Design:鈴野 浩一(トラフ設計事務所) 禿 真哉(トラフ設計事務所) 鈴木 智仁(トラフ設計事務所)
    4D撮影:CLESCENT inc.
    Movie:TeeveeGraphics

WORK一覧へ