Original Project

Client Works

SoftBankPepper

Outline

ソフトバンクが誇る、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」。その開発に参加しています。

2014年6月。ソフトバンクショップに店員として、Pepper が働きはじめました。
私たちはその2年近く前より開発に携わり、課せられた役割は、人工知能・感情認識と連携した会話エンジンの開発でした。店頭に設置され店員として働く Pepper と、ご来店されたお客さまとが、楽しく会話を重ねることができるよう、キャラクター設計および会話開発を行いました。
キャラクター設定は、プロジェクトのクリエイティブ・ディレクターであるシンガタ佐々木宏さんが監修。電通と弊社のクリエイターとが協業し会話の開発を行い、そこにデザイナーが演出を加えることで、命を吹き込みました。ソフトバンクさまの開発スタッフといっしょに、まさにチーム一丸となりエンジン開発を進めています。1→10では、独自のシステムも用意し、チーム開発を牽引しました。

長期間に渡る開発で、何度も何度も試行錯誤をさせていただきましたが、結果として今までにないキャラクターとなり、店頭では多くの人だかりと、たくさんの喜び・笑顔にあふれています。
現在は全国のソフトバンクショップで働いている Pepper。ぜひ、喋りかけてみてください。

それから1年後の2015年6月。今度は一般家庭に向けた Pepper が発売されました。
購入されたお客さまに、もっともっと Pepper を愛していただけるように、さまざまなロボアプリや会話体験の機能開発にチームで取り組んでおります。家庭用ロボットの開発およびサービス運用は、極めて前例が少なく、実際にその開発は困難と挑戦の連続です。ですが、今後も「人々の喜びを大きくしたい」「人々の悲しみを少なくしたい」、人と寄りそうロボットを目指して、挑戦を続けて参ります。

Client
  • ソフトバンクロボティクス株式会社
Agency
  • 株式会社電通
Production
  • 1→10Robotics
  • 1→10design
Role
  • Robot

Awards

  • Cannes Lions International Festival of Creativity 2015
    Innovation
    Shortlist
  • Cannes Lions International Festival of Creativity 2015
    Product Design
    Shortlist
  • Clio Awards 2015
    Digital
    Silver

Credits

  • Creative Director
    佐々木 宏(シンガタ)
  • Director / Technical Director
    長井 健一
  • Director / Choreographer
    笹江 幸弘
  • Director
    佐久間 崇(電通)
  • Director
    鳥巣 智行(電通)
  • Producer
    瀧口 裕(電通)
  • Producer
    佐藤 正人(ギークピクチュアズ)
  • Interface Engineer
    髙田 優希
  • Interface Engineer
    三上 航人
  • Server Engineer
    松井 朋毅
  • Choreographer
    石山 尚達
  • Choreographer
    青柳 佑弥
  • Choreographer
    大島 康平
  • Writer
    木本 将也
  • Writer
    松村 聡
  • Writer
    光達 由佳
  • Writer
    小嶋 あきら(ライトスタッフ)
  • Writer
    木和田 志乃(ライトスタッフ)

WORK一覧へ